アイコン 法人について経営理念
経営理念 希望 敬愛 報謝 北本廣吉書

現在の日本社会の繁栄の礎を築いたお年寄りを尊敬し感謝の気持ちを伝え、
その人らしくいきいきと暮らしていただけるように、という思いを込めたものです。
この理念はお年寄りだけでなく、児童にも障害をお持ちの方にも当てはまる「人に優しい精神の奉仕」でもあります。

基本方針

毎年1月の始めには、理事長が年間基本方針を訓示。
朱鷺の苑グループ職員全員が心も新たに、自身の仕事と向き合います。

<令和3年基本方針>

「笑顔は温もり」

 

幸せになりたい 幸せでいたい それを一番に願い叶えるのは一番簡単なこと『えがお』です。
人と接するとき、笑顔であたられると気持ちは和み日向のような温もりすら受けます。
ことばで伝えること苦手とする人も、まず挨拶は、やさしい笑顔誰しも出来ます。『笑福万来』『笑う門には福きたる』
笑顔は如何に幸せを呼び込み出来るか伝えられているように気持ちのいい関係思うなら笑顔です。
(ただし 事をごまかす笑顔は許しませんよ。)

<昨年までのまでの基本方針>

令和2年 「やさしき言葉で 思いやり」

令和元年 「笑顔は幸せに」

平成30年 「 一 」

平成29年 「幸の夢を実現」

平成28年 「無駄の無い安全生活を望む!!」

平成27年 「過ぎ去った昨日より 今日の一日を楽しむ 朱鷺の苑グループ一同」

平成26年 「一に 掃除 二に 笑顔 三四は元気の 七八 五九六三」
平成25年 「心を一つにして頑張ろう」
平成24年 「食は健幸の源なり」
平成23年 「笑い声を、の楽しい毎日・全施設に温泉浴付 アア大好き」
平成22年 「笑顔で愛嬌・ケアの真心だ」
平成21年 「勿体無い」
平成20年 「笑顔に飽和」
平成19年 「春夏秋冬 食道楽に挑む」
これまでの基本方針はこちら

「あすなろ」・「朱鷺について」

法人設立時、身体虚弱な子供たちに「明日はよくなろう」という願いを込めた「あすなろ」。能登の地に沸き出る湯で傷を癒し飛び立ったとの物語からいただいた「朱鷺」。この二つは北伸福祉会の原点であり、ずっと変わらないシンボルです。

温かみや若々しさを感じさせてくれるモチーフとして、各施設の外観、業務用車両などに広く取り入れています。

あすなろ学園

先進的な介護への取り組み

朱鷺の苑グループでは、より高齢者のみなさまの生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を高めることを目的とし、先進的な介護手法の研究・導入に積極的に取り組んでいます。
一例を挙げますと、徐々に距離を伸ばしていく歩行運動や水分摂取量コントロールなどで自立を支援する「おむつゼロ」、また胃ろうやきざみ食に頼るのではなく普通食にゆっくりと戻していく「常食化」などがあります。いずれも「介護の専門性」を効果的に活用しながら、利用者様により良いサービスをご提供するものです。

TOPへ戻る